BLOG TOP > SOUL MUSIC > Sam Cooke 「A Change Is Gonna Come」

Sam Cooke 「A Change Is Gonna Come」




サム・クック


俺が大好きなソウル・ミュージックの原点はこの人にあるような気がする。

「ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム」
1964年、激動の時代の中この曲は生まれた。前年のケネディ大統領暗殺事件、同年の公民権法の制定、その後のマルコムX暗殺・キング牧師暗殺.....そういう時代に、人気歌手であったサム・クックが「変革は訪れる」と歌った。その歌声には時代を超える力があった。だからこそこの曲には特別な意味がある。
楽曲としての素晴らしさもあり、その後偉大なソウルマン達がこの曲をカバーし続けている。

因みに同年、サム・クックは射殺されてこの世を去った。その事件は謎に包まれているが、こういう曲を歌った為に死に追いやられてしまった....という可能性は否定できない。まあしかし、謎は謎のままだ。

オーティス・レディング


ソウルキング。
彼については何を語ればいいのだろう...。とにかくソウルの王様だ。ストーンズに愛され、日本では忌野清志郎に愛されたソウルの王様だ。強烈だ。

ボビー・ウーマック


ラストソウルマン。
2013年、先日行われたグラストンベリー・フェスティバルでもこの「ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム」を歌った。サム・クックが主宰するレーベルからデビューした彼には特別な思いがある事だろう。

ジェフ・ベック


一応この動画を見つけたからにはここに入れておいた。基本的にギターロック好きが書くブログなので...。ギターソロの入り方に聴き惚れてしまった(笑)。

ビヨンセ


押しも押されぬスターであるビヨンセが、ライヴの冒頭にこの曲を歌う...。これはサム・クックへのリスペクトだが....まだまだ変革が必要なんだという事を思い知らされる。だから、これからも歌い継がなくてはならない曲なんだと思う。


posted by よしの | コメント(0)
BLOG TOP > ROCK > The Rolling Stones 〔Glastonbury Festival 2013〕

The Rolling Stones 〔Glastonbury Festival 2013〕



YouTubeの動画が削除された為、「2000 Light Years From Home」一曲のみで。



2013年、グラストンベリーでのストーンズのライブ映像です。
一曲ずつちょこちょことYouTubeにあがってるのは観てたんだが、こうして全部を続けて観ると全く印象が違う。所々で凄い音が鳴っている。所々‥‥というのがストーンズらしいと云えばらしい訳で‥‥(笑)

まあ、70歳のじいさん達がこのレベルのライヴを2時間やるんだから、それだけでも凄いし称賛されるべきなんだろう‥‥一般的には。

それにしてもこのライヴで凄かったのはラストの「サティスファクション」。最後の最後でやっとキースも音量を上げて本気のプレイを聴かせてくれるし、ミックはブチキレ気味のハイテンションでオーティス・レディングを出してくる。グラストンベリーの大観衆のノリがストーンズの魅力を最大限に引き出してしまったようだ。

その他にも「2000〜」のロニーのギター、気持ち良すぎるタイミングで入ってくるボビー・キーズのサックス、適当すぎるキースのギター、老け込んだミック・テイラー、あの美しさ・セクシーさが懐かしいリサ・フィッシャー!見所は沢山ある。

この2013年、もう1つのストーンズのハイライトはハイドパークでのライヴ。その映像にも期待したい。

最後になるが、やはりチャーリーのスネアは気持ちいい!
彼独特の叩き方を真似るドラマーを見た事がないんだが‥‥やはりあれはストーンズにしか合わないのか?
posted by よしの | コメント(0)
BLOG TOP > BLUES > 麗蘭「がらがらヘビ」

麗蘭「がらがらヘビ」




前回のジェフ・ベックに続き、衝撃を受けたチョーキング第二弾です。
(※チョーキングとは、ギターの弦を指で持ち上げて音程を高くするテクニック)

忌野清志郎率いるRCサクセションが無期限活動休止に入る頃、そのギタリストである仲井戸麗市と蘭丸によるユニット《麗蘭》が結成された。
このライブ映像は、まだ彼等がファーストアルバムを録音する前のツアー。ロック、ブルース、ファンク、R&B、二人がずっと大好きだった音楽を初期衝動のままにぶつけ合うこの音は、今聴いても、何度聴いても胸が熱くなる。

チョーキングの話は‥‥もういいか(笑)

posted by よしの | コメント(0)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。