Rage Against The Machine






この動画は、まだデビューして間もない頃のレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのライヴ映像。

とりあえず彼等の政治だか思想だかの話はおいておく。先ずはこの時代にアメリカに居ながら詰まらないハードロックを引き摺らなかった事に敬意を表したい。意地でも普通のギタープレイなんかしてやるか!と言ったかどうかは知らないが、トム・モレノの明らかに天邪鬼全開のギター、そこに畳み掛けるザック・デ・ラ・ロッチャの荒々しいラップ‥‥これが計算されたものなのかは分からないが見事にマッチしてしまった。

若さという武器は恐ろしい。このライヴ映像を見て切にそう思う。



posted by よしの | コメント(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

URL:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。